タイプもいろいろ水素水。おすすめなのはアルミパウチタイプ


Posted On 3月 16 2016 by

1a75c2593377eb4f3e515a0246a86c19_s

水素水と呼ばれる商品の中には、さまざまなタイプがあります。タイプごとにメリット・デメリットを見て行きましょう。

1)スティックタイプ
ペットボトルなどにスティックを入れて水素を生成させるものです。

・メリット
比較的安価に水素水を試すことができる

・デメリット
生成に時間がかかる
水素濃度が低い
メンテナンスが手間

入門編としてはおすすめですが、しっかりとした効果を実感したいのなら、やや不安が残りますね。

2)サーバータイプ
水素水生成器とも呼ばれ、ご自宅で水素水を生成できるものです。

・メリット
長期的にはリーズナブル

・デメリット
初期費用が高額
持ち運びはできない

家族で楽しんだり、たっぷり使いたいと言う方にはおすすめです。初期費用が高額なので、まず手軽なタイプで試して、効果が実感できてから購入を検討するのが良いでしょう。

3)アルミパウチタイプ
逃げやすい水素をとじ込めておくには最適と言われます。持ち運びに便利なのもいいですね。

・メリット
持ち運びに便利
水素をしっかりとじ込めておけるので効果を実感しやすい

・デメリット
ややコストが高め

特殊容器のためコスト高なのは欠点ですが、効果を実感したいなら一番おすすめのタイプです。

【タイプ別に使い分けるのもおすすめ】
スティックタイプ、サーバータイプ、アルミパウチタイプにはそれぞれメリット・デメリットがあります。水素水はどれを使わなければならないと言うものではなく、活用シーンに応じて使い分けると言うのもいいですね。

たとえば、最初にとりあえず試してみたいときにはスティックタイプ、試してみて「良さそう」となったらアルミパウチタイプ、本格的に水素水をくらしのなかで活用して行きたいならサーバータイプと、使っていくうちに方法を変えたり、サーバータイプを使いながら、おでかけのときにはアルミパウチと言うのもいいですね。

ご自分のライフスタイルにあうものを、活用シーンごとに使い分けて行くと、水素水を楽しく活用できるのではないでしょうか。

Last Updated on: 3月 16th, 2016 at 5:43 pm, by atgpgzudg1


Written by atgpgzudg1