賛否両論ある水素水。本当に期待する効果が得られるの?


Posted On 3月 16 2016 by

53af435468fba8b27909bb54a0ea96d9_s

歴史的に見ても「奇跡の水」として親しまれ、医療の現場でも20年に及ぶ実績がある水素水。それにもかかわらず、未だ効果に懐疑的な意見もあとをたちません。中には「飲んだけど効果が無かった」と言う声があるのも事実。どうしてこのようなことが起こっているのか、この点について考えてみましょう。

1)水素は本当に入っているか
水素を水に含ませることは、実は意外に難しいことです。さらに言えば、宇宙一小さな分子と呼ばれ、非常にひげやすい性質をもつ水素を水に閉じ込めておくためには特殊な容器なども必要で、この二つの点から、水素水の製造は非常に高い技術とコストを必要とします。その結果、効果の期待できる水素水はある程度の価格であることが普通で、あまりにもお値段の安いものは水素水とは名ばかりで水素がほとんど入っていない状態で手元に届くこともあります。このような製品を飲んで「効果が無い」と言うのはある意味当然で、それは「水素が入っていない」からだと言えます。水素水で効果を実感したいのなら、水素含有量が高く、しっかりと水素をとじ込める工夫のなされたものを選ぶのが鉄則です。

2)適切な飲み方をしているか
先ほども述べた通り、宇宙一小さな分子「水素」は非常に逃げやすい性質を持っています。なので、水素水を飲む場合には、開封後できるだけすぐに飲み切る必要があります。開封した瞬間からどんどん水素が逃げてしまうため、開封後の水素水を置いておけばただの水になってしまいます。そのため、水素水は飲みきりサイズを選んだり、開封後も水素を保持できるビガーブライトのような製品を選ぶなど、「水素が入っている状態で飲み切る」ようにすべきです。この工夫をせず、水素の抜けた水素水をいくら飲んでも、期待する効果が得られないのは当然ですね。

3)一定期間飲み続けているか
水素水は医薬品ではないため、即効性はありません。「飲んですぐ効く」ものではないのです。効果が出る前に飲むのをやめてしまえば、効果を得られないのは当然だと言えます。

高い効果の期待できる水素水ですが、

・信頼できる商品を選び
・適切な飲み方で
・一定期間続けること

が、期待する効果を得るためには欠かせないのです。

Last Updated on: 3月 16th, 2016 at 5:20 pm, by atgpgzudg1


Written by atgpgzudg1